読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっしーインフォスタイル

いっしーです。

初のダウン更改

阪神・藤浪 4年目で初のダウン更改「いろいろ考え過ぎた」

デイリースポーツ 12/27(火) 13:30配信

阪神藤浪晋太郎投手(22)が27日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円減の1億6000万円でサインした。高卒4年目で初のダウン更改となった(金額は推定)。

 今季は26試合に先発登板して7勝11敗、防御率3・25。入団4年目で初めて黒星が先行し、2桁勝利も逃すなど不本意なシーズンに終わった。

 「いろいろ悩みながら、いろいろ試してやって、考えながらやったシーズンだった。それがうまくいかなかったり、はまらなかったりしたこともありました」と振り返った。同時に「いろいろ考え過ぎて、いろいろやり過ぎた。もっとシンプルに考えること」と反省した。

 今オフは26日まで都内でレンジャーズ・ダルビッシュと合同トレを行い、体重増に成功。巻き返しを期する来季に向けて、充実の時間を過ごした。「トレーニング、技術、コンディショニング、いろいろなことが勉強になりました。来シーズンに生かせるようにやっていきたい」と前向きに話した。

 来季について、個人的には「やっぱりイニングを200以上投げるというのが目標。今年が169、最低でも180以上には乗せたい」と具体的な数字を掲げた。加えてチームとしても「今シーズンは4位という成績でしたので、来シーズンは優勝を目指して、その力にちょっとでもなれるように頑張っていきたい」と誓った。

 これで阪神は全選手の更改を終えた。

 

どうも、いっしーです。阪神タイガースの藤浪選手のニュースです。

初のダウン更改ということですが、防御率を見ると想像していたほどは悪くなかったのかな と思っちゃいます。負け越しが4ですが、防御率が4点台ぐらいだと思っていたので、少し安心しました。

それに、今年は藤浪選手は自己最速の160キロも出したりと、スケールの大きさは際立っていました。

しかし、今年は打線の援護が少なかったですね。チームで一番の22本のホームランと79打点を打ったゴメスがいなくなるので、さらに得点力が減ってしまうのではと思ってしまいます。

2017年シーズンからは糸井選手も加わりますが、3割を打てそうな選手は多いですが、やはり30本100打点を打てるようなスラッガーが一番必要ですね。