読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっしーインフォスタイル

いっしーです。

FA移籍選手の涙

 

張本勲氏が4日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。FA移籍などについてコメントした。

 今オフはここまでオリックス糸井が阪神、西武岸が楽天、DeNA山口とソフトバンク森福が巨人へのFA移籍を決めている。映像で移籍を表明した山口が涙を流しているのを見た張本氏は「なんで泣くの?」とひと言。

 「(移籍というのは)嫌なもんなんですよ。私も2回トレードになってますから。やっぱり古巣がいいんですよ」。

 ゲスト出演した元中日の山本昌氏は「私もFA(資格)を一番最初に取った時は最多勝を取ってFAだったんですよ。騒ぎに騒がれましたけどやはりドラゴンズに世話になったということで残留しました。当時の星野監督が怖くて出られなかったというのも少しありましたが(笑い)チームに育ててもらったということで出る気はなかったですね」と振り返った。

 張本氏は「悩んで悩んでね。それ(世話になった古巣)を思い出したんじゃないでしょうか。広島から阪神に行くとき新井(貴浩)も大泣きしました」とFA選手の涙に理解を示していた。

どうも、いっしーです。FAの森福選手も、山口選手も泣いていましたね。でも、岸選手は泣いてなかったような。

トレードとFAは違いますよね。FAは自分の意思で決めてますからね。

新井選手がFAの時にも泣いていたようですが、同じリーグの敵チームに移籍するといことが悪いことなのかどうかが良くわからないんですよね。

個人的には別に本人の人生なんだから余計な口出しは無用かなと思うのですが、

ファンによっては裏切り・背信行為として許さない みたいな人もいますからね。

まあでも、そんなこと言ってたら移籍なんてできなくなりますからね。難しいですね。

岸選手のように、正直にありのまま、ごまかさずに、ファンにとって納得のいく説明がうまく出来れば良いんですけどね。